FC2ブログ
2018.07.1723:18

活動報告(7/17)書記:うるうる

お久しぶりです、うるうるです。新入生の方たちとは初めましてかな?
ぼくがポケモンサークルに入って4年目になりますが、今も昔もみんなの笑顔で溢れ笑い声と奇声と罵声と日本語ではない謎の言語が飛び交う様は変わっていませんね。

ただ活動内容には多少の変化がありまして、最近ぼくらの中で流行りのポケモンGOをしているグループがレイドバトルの時間になると集団で散歩をしに行ったり、絶えずポケモンカードに勤しんでいたりする光景も見られます。
一部期末試験の勉強をしている方もいましたが捗っているのでしょうか?声をかけるとニタリと笑って反応を返してくれるので余裕なのでしょうね。

さて、今回の活動では夏休みに行われるシングルドラフト大会の予行(呼称:ドラフトごっこ)を行いました。
前回は6+2(+1)人でのドラフトでしたが今回は8+1人で行いました。その結果が以下の写真になります。
20180717230613141.jpg


今回のルールは以下の通りです。
①全員がポケモンを指名し被ったら抽選で決める
②抽選で負けたものは再度指名し全員がポケモンを獲得したら次の巡に移る
③誰がどのポケモンを指名・獲得したかはドラフト終了時に公開される
※③は前回からの変更点です

画像左側が各巡で獲得されたポケモン
画像真ん中が誰がどういうPTを完成させたか
画像右(シフォン)と書いてあるのはドラフト終了時に残っていたポケモンで組んだPT
画像右下に書いてあるのはUSMリーグS9のシングルバトルにおいて使用率100以内に入ったが指名されていないポケモン
となっています。

今回は前回の6人から8人に増えたため選ばれるポケモンの種類も増え完成度の高いPTを組むのがより難しくなりました。
ぼくの理想ではボーマンダ・カプコケコ・カバルドン・ウルガモス・カプレヒレ・カミツルギと取る予定でしたがそんな甘いことは許されず画像のようなPTに。
二度ほどやってみてコツというには薄いような感想なのですが、まずこのルールは1匹めをとった段階でどんなPTを組むかを意識するのが基本でしょうね。クチートにはミミッキュとキノガッサ、リザードンにはカバルドンといったようによく組まれる並びを思い起こしてどういう組み合わせなら他の人とかち合わずに組めるかと思考するのがメインになります。
また今回は誰がどのような並びを組んでいるのかが隠されている(推測はできますが)ため自分のPTの完成度が以前より強く求められます。自分のポケモンに対する対策ポケモン(カプ・コケコに対する霊獣ボルトロスなど)を自分で潰しておくことも戦略の一つだと思いますがこれによって自分のPTの完成度が下がるのであればやらないほうが賢明だと思います。
また、各ポケモンは1匹ずつしか存在しないためオニゴーリやビビヨンなど対策をしないと一方的にPTが蹂躙される恐れのあるポケモンの存在感は通常ルールよりかなり大きいといえるでしょう。
まだまだ発展途上のためどのポケモンを軸にするのがいいのか、対策が必要なのはどこまでかなど本戦までに考察がどこまで進むか非常に楽しみです。

研究室の闇から目を背けポケモンをやっているのですがそろそろ首に縄がかかりそうなのでサークルに顔を出す頻度は減るかもしれませんが今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NULOP

Author:NULOP
名大のポケモンサークル「名大ポケモン研究所」のブログです
毎週火曜・金曜の4限後に行なわれる活動や水曜に不定期に行なわれるイベントごとに更新していきます
見学希望等御用の方は下記メールアドレスにご連絡下さい

名大ポケモン研究所Twitter公式アカウント
@nulop_circle
メールアドレス
nulop_address@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR