FC2ブログ
2017.09.2600:31

第八回研究所最強決定戦第二幕(9/24) 書記:シフォン

【はじめに】

こんにちは。シフォンです。

何気に記事を担当するのはひさしぶりですね。

今回は毎年恒例の研究所最強決定戦第二幕、全国ダブルと世代統一シングルについてです。


【内容】

全国ダブルについては、僕自身が参加していないので何も書くことがありません。

決勝戦を観ましたが、
言えることはただ一つ、雨パ強そう。



それでは、もう一つのルールである世代統一シングルについて書いていきます。

まずルールの説明ですが、大会の数日前に参加者はくじで使用する世代を決めます。運ゲーですね。
そしてその世代のポケモンのみでパーティーを組んで戦います。
当日は35人の参加者がいたので、1リーグ7人で予戦を行い、その結果次第で決勝トーナメントに進めます。



【個人的なこと】

とりあえず使用パーティーを紹介します。

色デンチュラ色シャンデラ色テラキオン色霊獣ボルトロス色ナットレイ色ブルンゲル

デンチュラ@きあいのタスキ  
ふくがん おくびょうCS振り
かみなり/ねばねばネット/でんじは/いとをはく

シャンデラ@たべのこし  
もらいび おくびょうHSベース
シャドーボール/かえんほうしゃ/ちいさくなる/みがわり

テラキオン@イワZ
せいぎのこころ ようきAS振り
ストーンエッジ/インファイト/じしん/つるぎのまい

ボルトロス@デンキZ
ちくでん おくびょうCS振り
10まんボルト/めざめるパワー(氷)/きあいだま/わるだくみ

ナットレイ@バンジのみ
てつのとげ のんきHBベース
ジャイロボール/パワーウィップ/やどりぎのたね/まもる

ブルンゲル@オボンのみ
のろわれボディ ずぶといHB振り
なみのり/おにび/ちょうはつ/じこさいせい


僕の担当世代は5世代で、パーティーを組むのにとても苦労しました。
5世代はメガ進化できるポケモンがタブンネしかいなく、他のポケモンも火力は高いものの素早さが微妙なポケモンが多いのです。サザンドラ、ランドロス、ウルガモス、シャンデラ、オノノクスとかですね。
さらに対面性能が高いポケモンも少なく、かといってサイクルを回そうにも耐久が中途半端。
(つまり構築を組む時の三大要素、対面も積みもサイクルも弱いということです。)

この一癖も二癖もあるポケモンたちをまとめ上げ、勝つためにはどうすればいいか…。
それには2通りの方法があります。
一つ目は運に頼ること。「かげぶんしん」や「ちいさくなる」などの技を使い全抜きを狙うというものです。
二つ目はメタをはること。それぞれの世代において相手が使ってくるであろうパーティーを予想し、それらに勝てるようにするというもの。
今回、僕は両方採用しました。メタを張りつつ、想定外のパーティーが来たときは運で勝つという方針です。


まず僕が注目したのが、デンチュラとシャンデラです。
デンチュラは「ねばねばネット」や「でんじは」、「いとをはく」により5世代ポケモンの微妙な素早さを補うことができます。
シャンデラはデンチュラの「ねばねばネット」と相性がよく、「ちいさくなる」の運による誤魔化しと4世代のクレセドラン対策ができます。

次に、テラキオンと霊獣ボルトロスが入ってきました。この2匹には相手のサイクルの崩しを担ってもらいました。
テラキオンは「ねばねばネット」との相性の良さと、2世代のポリゴン2やハピムドーのサイクル破壊を考えて採用しました。
ボルトロスはテラキオンと同様に「ねばねばネット」と相性が良く、地面と電気の一貫を切るために入れました。

最後にここまでで辛いポケモンを受ける、もしくは流すためにナットレイとブルンゲルを採用しました。
ナットレイは耐性が多く、たくさんの技を受けることができます。また、フェアリーの多い7世代に対するメタでもあります。
ブルンゲルはバシャーモやカバルドンを倒すために入れました。のろわれボディによる誤魔化しも強いです。



対戦内容としましては、当初の想定よりも遥かにテラキオンが強く、よく相手のパーティーを崩してくれました。イワZを使うことで「ストーンエッジ」の命中を補えるのも良かったです。
ナットレイも思いのほか活躍しました。耐久とタイプを活かした詰ませ性能の高さが良かったです。このポケモンのおかげで相手の選出が読みやすくなるのもグッドでした。


このパーティーを使って予選リーグを6-0で突破し、決勝トーナメントで優勝することができました。
パーティー自体に自信はあったのですが、それが錯覚でないことがわかって嬉しかったです。
優勝賞品としてピカチュウのメモ帳をいただきました。大事に使わせていただきます。


【思ったこと】

世代統一では使えるポケモンが限られてくるので、それぞれの世代間で格差社会ともいうべきかパーティーパワーに差がでるわけです。例えば6世代はメガ進化できるポケモンがいなくて、しかもポケモン数自体も少ないっていう…。

個人的には世代別に以下の順に強いと思っていました。
1>2≧7>3=4>5>6

しかし6世代を使っていた二人が3位決定戦にまで上がってきたりと予想外のことも多かったです。

普段使われないポケモンにスポットが当たっていたりもして新鮮味もありました。

そういうことも含めて楽しかったし、いい企画だったと思います。


【最後に】

ここまで書いてて気づきました…。
なんかこれただの構築記事になってませんか?(←なってます)
まあ、サークル員の参考にでもなればってことで許してください。なんでもしますから。

それともうすぐウルトラサンムーンが発売されますね。楽しみです。

ここまで見て下さりありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NULOP

Author:NULOP
名大のポケモンサークル「名大ポケモン研究所」のブログです
毎週火曜・金曜の4限後に行なわれる活動や水曜に不定期に行なわれるイベントごとに更新していきます
見学希望等御用の方は下記メールアドレスにご連絡下さい

名大ポケモン研究所Twitter公式アカウント
@nulop_circle
メールアドレス
nulop_address@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR