2016.04.2817:21

新歓マルチ大会のレポート(?) 書記:Phi

S__29532241.jpg
皆さんこんにちは、ポッ研のPhiでございます。

【初めに】
twitterでも連絡してましたが、4/27(水)は
「名大ポケモン研究所新歓マルチ大会」
を行いました。
今回の新歓も、多くの新一年生に参加してましたが頂きました。ありがとうございます。
それでは、大会のことについてお話ししようと思います。

先ずは、マルチのペアを決めるアミダくじを行いました。参加者24人の中、僕のパートナーになったのは、新一年生の「うなぎパイ」君でした。彼はダブル勢でエンジョイ勢の僕としては、凄く心強い相棒が出来たと歓喜しました。
チーム名は大正義†いばる†から取り、
「チームいばる」
にしました(対戦中に打つとは言っていない)。



【パーティ解説】
〜僕のパーティ〜
115-megaevol_4.png 373_4.png
485_4.png 445_4.png
645-therian_4.png 700_4.png
僕のパーティは見ての通り、アタッカーしかいません(精々、ヒードランが身代わり貼れるくらい)。一応、ダブルバトルなのに何故こんな構築にしたのか。それは、1年間のマルチバトルの結論でもありました…
僕がまともにマルチを始めたのは、去年の研究所新歓マルチ大会でした。その時の僕の結果は…
1勝3敗
と見るも無残な結果に終わりました。その時のパーティには、サポートポケモンを沢山入れていました。
S__29548553.jpg

悔しさで発狂しそうな中、僕は2つのことを学びました。
・アタッカーが多い方がいい
・ガルーラが強い

115-megaevol_0.gif

確かにサポーターサポーターの並びだと突破力を失い、押し切られることが多くなります。それなら、アタッカーアタッカーの並びの方が相手にも置物にされませんし、突破力も生まれます。さらに、相手のパーティ次第でアタッカーサポーターの並びも出来ると考えました。その結果、後のマルチで使うパーティには、殆どガルーラを入れましたし、サポーターも、居て一匹にしました。

そして、繰り出し性能や、火力、相性関係を重視した結果、上記のようなパーティになりました。又、使う技が一択だとパートナーが動きやすく、心臓にもいいと思ったので、こだわりめがねニンフィアを入れました。(各個体の説明?もろダブルの為のポケモンばっかりなので必要ないですよね?)
一応、ニンフィアは陽気メガガルーラの「すてみタックル」確定耐えです。

〜うなぎパイ君のパーティ〜
245_4.png 248-megaevol_4.png
591_4.png 639_4.png
598_4.png 006-megaevoly_4.png
スイクンや、モロバレルといったサポートポケモンがおり、こちらのパーティと凄く噛み合いました。細かく記すと下記のような感じですね。
スイクンの「おいかぜ」により、ニンフィアがガルーラの上から「ハイパーボイス」を打つことを可能にできました。
モロバレルの「キノコのほうし」は不利な相手も無理矢理突破することを可能に出来る技で、試合中、何度も助かりました。
メガリザードンYは、パーティ全体が苦手とする鋼タイプ(特にギルガルド)を狩るという素晴らしい役割を果たして頂きました。
メガバンギラスは、僕のパーティにはいなかったファイアローを安全に1ターンで処理できるポケモンであり、「けたぐり」というガルーラへの遂行技も持っていたりと、売りの数値の高さも含めて何かと「便利なポケモン」でした(笑)
テラキオンの「いわなだれ」はタイプ一致により、高火力かつ、怯みを狙いに行ける技でした(あれ、相手1回も怯んでなくね?)。又、「インファイト」で相手のガルーラの選出を控えさせるのもポイントでしたね。
ナットレイは、どっかで出てきたようりょくそフシギバナを詰ませるのに一役買ってもらいました。

うなぎパイ君のパーティのおかげで、理想的なアタッカーアタッカーやアタッカーサポーターの並びができました。これが、結果にも繋がったと思います。パーティのポケモンが1匹も被らなかったのもポイントかもしれませんね。



【予選ブロック】
僕らのブロックは、チルタリスブロックでした。試合は、メガガルーラとメガボーマンダを適宜使い分け、「おいかぜ」等を駆使して勝利をもぎ取った感じでしたかね。
S__29532240.jpg
結果は、3勝2敗とギリギリの成績で予選を突破しました。



【決勝トーナメント:準決勝】
相手:フライゴミ(ありよし、エゾマツ)
もう1つのブロック、フライゴンブロックで4勝1敗と文句なしの成績で1位通過したチームです。
ズルズキンやヒードランという処理に困るポケモンが入っており、辛かったですね。
それでも、ランドロスの「いかく」で相手の攻撃力を下げつつ、メガガルーラの「けたぐり」等で相手のメガガルーラやヒードランを突破して、ニンフィアが「ハイパーボイス」を打てる状態を作り、火力と耐性で押し切りました。



【決勝トーナメント:決勝】
相手:24番道路(クオさん、あぴすけ)
チルタリスブロックを僕らを含め、全勝で勝ち抜いてきた圧倒的実力のあるチームです。
予選は、メガリザードンYの「ひでり」により、相手のファイアローの「フレアドライブ」を強化してしまったことが、負けに直結してしまいました。決勝はそれらを踏まえ、選出を決めました。
初手は、こちらがガルーラとバンギラス、相手がギルガルドとクチートと出し負けました。鋼タイプ2体に居座る理由はないので、交代読みに目を瞑りながらヒードランに交代し、バンギラスもモロバレルに交代しました。すると、ガルーラへのヘイトが集まりすぎたせいか、相手はヒードランに「じゃれつく」と「ラスターカノン」を打ってきて優劣が逆転しました。その後は、モロバレルの「キノコのほうし」でファサー(迫真)っと複数催眠をして、ヒードランでひたすら焼き、ヒードラン1体でギルガルド、メガクチートを突破し、相手のメガガルーラのHPを半分近くまで削りました。途中、相手のファイアローがバンギラス交代読みで「とんぼがえり」をしたりと、試合が動きそうにはなりましたが、ニンフィアが相手のメガガルーラの「すてみタックル」をしっかり耐え、「ハイパーボイス」で突破して試合の主導権を握らせないようにしました。
S__29532241.jpg

結果、チームいばるは24番道路に勝利し、優勝しました!
僕自身、決勝トーナメント出場は何度かありましたが、優勝したのは初めてで、とても嬉しかったです(小並感) うなぎパイ君、ありがとう!!
今度は、個人での初優勝を目指したいです。



【終わりに】
記事を見てくださって、どうもありがとうございました。JCSも始まり、何かと大会が多いこの頃ですが、良いポケモンライフをお送り下さい。それでは、おっつで〜す。



【最後に一言】
僕、ガブリアス使ったっけ?(すっとぼけ)
garchomp-5.gif
ガブ「おああああああああああ!!!」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NULOP

Author:NULOP
名大のポケモンサークル「名大ポケモン研究所」のブログです
毎週火曜・金曜の4限後に行なわれる活動や水曜に不定期に行なわれるイベントごとに更新していきます
見学希望等御用の方は下記メールアドレスにご連絡下さい

名大ポケモン研究所Twitter公式アカウント
@nulop_circle
メールアドレス
nulop_address@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR