2016.12.2522:59

活動報告(12/23) 書記:ありよし

こんばんは。今年最後の活動報告はありよしが書かせていただきます。



まず、活動報告とは関係ないことですが、私は先日名大ポケモン研究所の主務に任命されました。主な仕事はこれまで通りのKP集計の他に、研究所が主催するイベントにおけるサポートも担当させていただきます。これからもサークルを、それだけでなく他大学ポケサー様や一般のポケモン好きの方々ともポケモンというコンテンツを盛り上げていきたいと考えております。至らぬ点も多いとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

今にして思えば、私がこのサークルに出会ったのも偶然のきっかけからでした。私は最初はカードゲームでしかポケモンを遊んでおらず、ゲーム版を始めたのは高校生になってからでした。所謂”厳選”を覚えたのは高校2年生の終わり頃、そしてそのまま受験だというのに一心不乱にホワイト2をプレイしていました。(以前、ポケサーに入っていない同期に「あの頃のお前、受験生なのにポケモンの話しかしなかったから『こいつ大丈夫か?』って思ってた」と言われました()

そんな私でしたがなんとか入学し、しばらくたった4月のある日、掲示板に張られていた1枚のチラシが目に入りました。
「名大ポケモン研究所 新歓シングル大会 ・・・ ・・・」
チラシに記載されていた日付はまさにその日。私は居ても立ってもいられず、すぐさま連絡先にメールを送信していました。どんな人がいるのか、うまく話せるのだろうかと緊張しながら会場の講義室のドアを開いた私でしたが、それは杞憂でした。皆とても気さくでいい人たちだと感じました。
その頃の私はまだ厳選を覚えたてという程度で、パーティ単位の構築などとは程遠かったので、確定急所型ケンホロウ(※シングル)とかマイペースチョッキルンパッパといった謎(?)のポケモンを使っていたのです。当然全然勝てなかったわけですが、そんな中で最遅アナライズオーベムをノイコウで悠々と倒した人がいました。その人物は他の人から「所長」と呼ばれていたのです。それが私が先代所長のらすさん(この呼び方違和感しかないなぁ...)と初めて会った瞬間でした。

当時から彼はサークルを束ねていた訳ですが、第一印象はトップなのにすごく話しやすいしいい人だな、というものでした。サークルの雰囲気が良かったこともあって私はその場でサークルに入ることを決めたのでした。その後研究所ブログの新歓の記事を見たら「ホモ(所長)」とか書かれているのを見て(なんて扱いされてるんだろう…)って内心思ったのはナイショ

そんな私でしたが、他のメンバーの皆と交流するうちに(「欠陥構築おじさん」といった不名誉な称号をもらいながらも)部内大会でそこそこの成績を残せるようにまで成長できました。来年はもっと精進してレートでなんとか1700に到達できるよう、頑張っていきたいと思っています。



さて、本題の活動報告に移ります。といってもこの日は一年の最後の活動として忘年会を行っただけですが。
圧倒的物量でこちらのサイクルに負担をかけてくるTN:焼肉との死闘が繰り広げられました。今回もご多分に漏れず、所長が「焼肉ガイジ」(談:めがえれ)っぷりを発揮していたとかは知りません。未成年の1年生部員もいるためアルコールが入っていなかったのが不幸中の幸い、誰かさんのなんちゃらの咆哮とやらが聞こえてくることもなく、無事対戦は終了しました。

今年の名大ポケモン研究所の活動はこの忘年会をもって全て終了となります。来年がポケモン、そして皆様にとって良い一年となることを心からお祈り申し上げます。
それでは、よいお年を!!!





○おまけ「活動報告(11/18)」

えー、再びありよしです。なんで今更一月以上も昔のことを、と思われる方もいるかも知れません。なぜかと申しますとこの日の書記に指名された新幹事のめがえれが、度重なる催促にもかかわらずいつまで経っても書かないからです。国際孵化してる暇があったらさっさと書け

さて、この日はポケモン最新作「サン・ムーン」の発売日でした。メンバーは早速予約していたソフトを受け取り、新しい冒険を始めていました。活動中に「最速マルチ」と称して今の時点で持っている旅パのポケモンでマルチバトルをしました。初手でニャビー2体VSフクスロー2体の対面に。ほぼ全員進化前で、道具も無きに等しいなど普段では見られないような対戦になりました。

記憶も曖昧でこれ以上は思い出せないので、この辺でいったんお別れです。
最後までこんなに長い文章を読んでいただきありがとうございました!
スポンサーサイト
2016.12.2519:02

活動報告(12/20) 書記:Phi

こんにちは!
今回は新しく名大ポケモン研究所の代表及び渉外になったPhiが書記を担当致します

この記事では、私が名ポケ(名大ポケモン研究所の略称)に入り、代表になるまでの経緯と今後1年間の抱負等についてお話ししたいと思います

名ポケの存在を知ったのは高校3年生の秋でした
受験が近づき、名大へのモチベーションが上がってきた時のこと、ふと「名古屋大学 ポケサー」と検索し、名ポケのブログを発見したのです
対戦に力を入れている名ポケに魅力を感じ、名大に合格し入ってやろうと決意しました

無事、名大に合格し多くの部活から入部の勧誘を受けましたが、僕の本心は変わることはなく、名ポケの新歓へ一直線
しかし、「あれ?1人で新歓行くの怖くね??」
なんと私はここにきてチキってしまったのです
「このPhi、今まで1人で行動したことはない!
知らない人しかいない場所に1人で行くなんて無理だ!!」
ですが、私の前に舞い降りたのはチャンス!
学科のLINEグループで一緒に新歓に行く同士を募集した人がいました
それは現在名ポケ2年のまっぎょ!
私は迷うことなくまっぎょにアポを取り、新歓に行くことができました
まっぎょがいなかったら新歓に行けず、名ポケ入所のタイミングを逃してしまったかもしれません()

名大のポケ勢と初めて顔合わせした新歓
名ポケに入る前は、やっぱりポケサーは
・メガネをかけている人
・運動してなさそうな細身の人
・コミュ障っぽい人
・ なんかキツい人
・オタク特有のブサメン
・ただのガイジ
これらに該当する人が多いのかなと思ってました
いるにはいましたが、それだけではなく様々な種類の人間がいたのです
当時の代表(所長)の らすさんをはじめ、スポーティな人もいましたし、顔のいい人もいました
強気なガイジもいまたし、「ポケサーは人種のサラダボウルなのかな(適当)」と思ったほど
いざ対戦するとみんな強い人ばっかりでびっくり!
まだガイジではなかった私には衝撃的で、このサークルをもっと見たいと思い、名ポケに入所
ここから私のポケサー生活が始まりました

名ポケの活動中は名大に合格してきた人間とは思えないような罵声や奇声が飛び交っていました
「はぁぁ!?!? 外したしぃ…負けたわほんとクソゲーしね」
「オラ!自傷しろ!自傷しろ!!!…しゃああああ自傷したぁ!勝ちいいいいいいい!!」
「キェヤァァァァァァ!!!(ガイジの負けた時の鳴き声)」
「バァン!(台パンした時のSE)」
(なんだここ?動物園かな?)
そんな面白すぎる環境に私も染まり、奇声を発するように…(これがガイジの始まり)
すっかりポケサーに夢中になった私は活動に殆ど参加していくのでした

その中でも、らすさんはたった1人で名ポケをまとめていました
何事も1人でするのは大変ですし、精神的なダメージもあります
なので らすさんをサポートできる時はサポートしました

去年の11月、らすさんは私に2つの仕事を頼みました
1つは活動場所の確保
もう1つは らすさんの補佐でした
後から聞いた話ですが、らすさんはこの時点で次期代表を私にするつもりで、これらの仕事を頼んだそうです
仕事を引き受けた私は責任を持って活動に参加できましたし、名ポケへの思いを強くしました
なぜか、ガイジ度も上がりました
ついでに淫夢厨にもなりました

2つの仕事を全うして1年…
私は代表に就任し、名ポケ初の役職交代が行われました
私は2年弱、名ポケを見てきて良いところをたくさん見つけましたし、もっと良くなるだろうところも見つけてきました(新代表のガイジ度の改善は含まれておりません)
私は名ポケに革命を起こすつもりはないですし、現状維持というぬるま湯に浸かるつもりもありません
今の名ポケの良いところは良いところのまま大事にしますし、改善点は積極的に改善します
そして、名ポケの所員や名ポケに関わった人が楽しんで活動してくれるサークルを目指します

また今回の役職交代では、新しい役職をいくつか作り、名大ポケモン研究所幹部になってもらいました
これは何人かの所員がなんらかの役割を持って活動してもらうことで、サークルへの関心を高めてもらい、サークル全体としてサークルへの関心が高いサークルを作る狙いがあります(私が全部やるのが大変だからではないのです)
ここから各役職の人と任命理由を簡単に書きたいと思います

広報・・・うるうる
もともと広報をやってもらっていましたが、名ポケの中でもTwitterの活動が盛んなうるうるを代える必要は感じなかったので引き続きやってもらうことにしました

会計・・・すまっしゅ
私とよく話す中で、サークルのお金をちゃんと管理してくれる人を任命したかったので任命しました

主務・・・ありよし
これまではKP集計等を自主的にやってもらってましたが、これからは主務としてやっていただくために任命しました
他の仕事もお任せするかもしれません

幹事・・・めがえれ
やはり、サークルの食事会の会場等を選ぶのはお酒が好きな人が良いと思いましたので任命しました

補佐・・・ありす君
1年生の中で活動によく来ていて、仕事を任せられるありす君を任命しました
とりあえずは、活動場所の確保等をやっていただきます

幹部ではありませんが、もう1人だけ役職を紹介します

所長・・・らすさん
代表及び渉外は私でありますが、名大ポケモン研究所創設者としてらすさんには今後も所長でいていただきたいのです(らすさんは私を新所長と呼んでいますが…)
ちなみに所長は略称で正式な役職名は
終身名誉ホモ所長1919先輩
です

つい最近、名大ポケモン研究所最ガイジと呼ばれた私ではございますが、今後とも名大ポケモン研究所を盛り上げて参りますので、誠によろしくお願いします
2016.12.1916:38

活動報告(12/16) 書記:らす

皆さんこんにちは
名大ポケモン研究所代表のらすです
今回12/16の活動報告というかブログ書記は僭越ながらボクが書記をやらせて頂きます
ボクが代表として、所長として、最後に書く活動報告となりますが思えばオフや学内向け大会で告知記事を書くことはあっても活動報告書記として筆を執るのはもう1年以上ご無沙汰であったと思います


さて、今日この日12/16の活動終了を以てボクは長年務めてきた名大ポケモン研究所代表、「所長」という職を次の世代へと引き継ぎました
今年で4年目となる名大ポケモン研究所というサークル、そしてボクも今年で所長4年目でした
ボクがこのサークルを創設したのが3年前、ボクが1年生の頃の4月です
きっかけはとある部活だったかサークルだったかの新歓での事
友人たちと一緒に参加した新歓で花見の席だというのにポケモンの話ばかりする見た目ウェイのガイジがいました(失礼)
たまたま近くに座ったボクらも耳から入ってくる話に釣られて話題がポケモンに
すると新入生がポケモンネタを話しているのを目ざとく聞きつけたガイジ先輩が

「君らいいねwwwどこ住み?wwwてかポケモンやってる?www」

いきなり勝負を申し込まれました
ボクと他に友人1人は”たまたま”その時DSとソフト「ブラックホワイト」を持っていたので対戦に応じる事が出来ましたが誰も持っていなかったらどうするつもりだったんだろう
暫くガイジ先輩の相手をしていましたが

強い

どうやら口だけではなかったようです
なかなか勝てませんでした
ひと通り対戦を終えると連れがガイジ先輩に向けて

「もしかしてポケモンサークルとか入ってるんですか?」

おいそんなのあんのかよ
あるなら是非とも入りたいものだ

などと心の中で思っていたボクの所へガイジ先輩が一言

「え?そんなのとっくに潰れたよ?」

普通の人ならというか今のボクでさえもその話を聞けばそこで諦めます
しかし当時のボクはどういう思考回路をしていたのやら

無いのなら創れば良いじゃないか

ガイジはボクでしたね
かくかくしかじかの経緯でまずは同じ高校の仲間、ポケモンをやっていた人を当たり5人集まった時点でサークルを立ち上げました
しかしサークルと言っても何をするでもなく、定期活動も勿論ありませんしツイッターやブログなど広報手段もありませんでした
本当に仲間内で遊んでるのとなんら変わりありません
ボクは思い付きでこのサークルを立ち上げたのも半分は正解ですが他のサークルとも交流をしたい、サークルという組織を通じて様々な人達とポケモンというコンテンツを通して交流をしてみたいと思っていたのもまた理由の一つでした
故にこのままではまずいと思い夏休み前にサークルのメンバーでHTMLの知識を持つ仲間に相談を持ち掛けました
どうにかしてサークルらしい体裁を整えられないものかと
それからですかね、本格的にサークルらしい事に着手し始めたのは
話を持ち掛けた彼はサークルのウェブサイトのソースコード作成に勤しみ、ボクはボクで多少なり絵の心得がありましたからウェブサイトのヘッダやTwitterのアイコンの描画、告知用のビラ作成に取り組んでいました
加えて周辺のポケサーとの繋がりを得るためにコンタクトを取り2人で他サークル活動に足を運んだりもしました
そこで初めて出会ったのが今でもお世話になっているぽるさんやがねさんといった方々ですね
夏休みに入るとバイトなり別サークルの活動なり時間もなかなか取れませんでしたがより一層サークル広報に向けてウェブサイト作成の作業に力を入れていきました
また、サイトだけ作っても他サーとのリンクがなければ折角のサイトも単なる自己満足で終わってしまうと思ったボクは何を思ったか単身京都まで赴き京大ポケサー主催のオフに参加してきました
当時から老舗ポケサーとして有名だった京大さんの後ろ盾が欲しかったのかそれとも単純に県外のポケサーというものを見たかっただけなのか定かではありませんが馬鹿にならない交通費を払ってまで参加した事、無駄ではなかったと思います
当時の京ポケ代表のベテさんからいろいろお話を聞く事も出来ましたし恐らく無名の我々がTwitterで持ち掛けても相手にされなかったであろうサイトへのリンクの承認も得られました
どうしてここまで様々な労力を投じて名大ポケモン研究所を「仲間内の集まり」から「サークル」にしたかったのか
ひとえにサークルという繋がりを通してポケモンという同じコンテンツを楽しむ仲間をもっと増やしたかったからですかね
しかし至極効率の悪いやり方でしたし今から同じことをやれと言われても絶対気力も体力も持ちませんし当時のボクは平気でよくこんな事が出来たと自分で思い返して呆れていたりします

夏休みの様々な下準備を経て迎えた休み明け後期、2013年10月、ポケットモンスター最新作XY発売を機に我々は完成したウェブサイトとTwitterアカウントを公開、サークルらしい事をするために大会を告知するビラを掲載しました
ビラには名工さんと合同で行なうマルチ大会、加えて城薬さんとの交流会について掲載していました
何故いきなり他サーと合同で大会を開いたり交流会の事までビラに掲載したのか、今考えるとおかしなことですね

さて、我々名大ポケモン研究所が最初に行なった交流会
お相手して下さったのは城薬さんでした
そこで初めて出会った当時から代表をされているタクリオスさんには今でもお世話になっています
また、ビラを見て数名の人が新たに部員となり交流会に参加してくれました
その中の一人がガイジ筍でした
今でこそクソガイジでゴミみたいな奴ですが当時は使うポケモン以外はマトモな奴でした
でもカクレオンでシコるとか言ってたから結局今と変わらずガイジか

間髪入れず次に名工さんと合同でマルチ大会を開催したわけですが
その節はどうも申し訳ありませんでした
1年生ボクは土曜に講義室があいているのは知っていたのですがまさか日曜に全て締め切られているとは夢にも思わず…
降りしきる小雨と冷たい外気、時折強く吹く風に体を震わせながら一応屋根のある外のテラスで大会を行ないました
ぽるさんと加えて洋菓子さんやもにかるさんをはじめとする愛工の方々総勢8名にはなんとお詫びを言って良いことやら…
本当にすみませんでした

2013年12月頭 某日
ボクは一人東京行きの夜行バスの中で揺られていました
というのも先日の合同マルチ大会の折に愛工大の方から近く「全国ポケサーサミット」というものが開催され全国のポケモンサークルに参加を募っているらしいというお話を伺い、それ故にそのイベントに参加するため東京に向かっていました
部内でも話をして一緒に来てくれる仲間を募集したのに結局ボク一人だけで行く事になった人望の無さ
件の全国ポケサーサミット
その会場でボクが目にした光景は無数の人だかりでした
実際どうだったか分かりませんが記憶では200とか300とかそのくらいいたような気がします
配布された参加サークルのリストに目を通してもまたその数の多さに圧倒されました
今でこそそこら中の大学にポケサーがありますが当時はそこまでメジャーではありませんし実際名古屋周辺にも3団体とかその程度でした
全国にはこんなにもポケモンサークルがあるのか
軽くカルチャーショックを受けるとともに見識を広げる事が出来ました
あとゲストで呼ばれた増田ァを生で見れたのも良かった(?)です
そんな大盛況だったポサミですが第2回があるとか聞いていたんですがあれから3年経ちますが開催されないんですかね
何か主催大学で揉め事が起きたとか聞きましたが
またの開催を願っています

翌年4月
今まで部員が少なすぎて毎回の活動でも参加人数が丸テーブル1つに収まる程度と寂しい思いをしてきましたが4月の新歓で新入部員獲得に成功しました
獲得できたと言ってもまあ来なかったり幽霊だったりしたわけで活動時の人数もあまり変わりませんでしたが

新歓期を終えて初めて行なったのが当時新しく出来た中京ポケサー(当時はねおぽけという名称ではなかった)さんとの交流戦です
その時やったマルチトーナメントの事は一生忘れません

「技があたらねぇ!」

「PPが…きれた……」

「ひいぃ…毒が…毒がァ……!!」

ぱっぷ氏「これが光の粉影分身毒羽サンダーだ」

初対面にしてこれですよ
他にものしかかり泥かけ頭突きガルーラとかまひるみノコッチとかマルチなのに使ってくるメンバーさんもいて試合時間が伸びる伸びる
終わる前に守衛さんに建物追い出されて外で全部終わらせました
いきなり害悪ぶち込んでくる中京ポケ死すべし
あの時の清算として今度回らないSUSHIでも奢ってもらいたいと思います

さて、今年で2年目となる名大ポケモン研究所
この年からPCLに参加する事となりました
そうは言っても選手層の薄い我々
予選を抜けるのは実際問題厳しいでしょう
結論から言いますと無理でした
シングル代表として出場したボクは個人成績5勝1敗で上々でしたが僅差で総合は予選3位
来年に課題を残す名大ポケモン研究所の初陣でした

創設から1.2年はサークルの、そしてボク個人の歩みとしてもぱっとしないものでしたがそれから徐々に部員それぞれ個人個人として、そしてサークル全体として力を付けていき3年目では10人規模で新入部員を獲得しました
そしてその年のPCLでは中部予選リーグ1位で本戦リーグへと駒を進めるまでとなり、また3年目にしてついに大学祭の場にて名大ポケモン研究所主催として初の「名大オフ」を開催するまでに至りました
初オフにしての100人という大規模オフ主催の重責に半ば押しつぶされながらもなんとかつつがなくオフを完遂する事が出来た安堵と共に押し寄せる疲労感の中帰路の記憶はなく気づいたら布団の中で朝を迎えていたなんて事もありました
自分で言うのも本当にアレで何とも傲慢ですが今でこそ名大ポケモン研究所はPCL中部圏内最強、部員最多規模、3度のオフを主催し中部ポケサーを代表するような立ち位置となっていますが冒頭から話しているように昔はちっぽけなサークルというにも烏滸がましい、そんな団体でした
それがここまで成長してくれた事、サークルを創設し当初から3年半所長を務めてきてこれほど嬉しい事はありません
しかしこれは決してボク個人の力ではありません
このサークルを選んで入部してくれた新入生のみんな、一緒にサークルの発展に力を貸してくれた部員のみんな、そして今も昔も名大ポケモン研究所と交流を持って下さっている他サークル様の力です
サークルをサークルらしく、何もかもが手探り状態だった初期にお話を頂いたベテさんには感謝しております
昔から何かと事ある毎にお世話になり、何度か交流戦もして頂いたぽるさんとがねさんにも感謝してもしきれないです
ガイジガイジと小馬鹿にしてはいますが筍にも名大オフの際機材操作担当をしてもらいニコニコでも放送してもらった事、誠に不本意ながら感謝せざるを得ません
そして何よりこんな自分に、至らぬ点も多かったであろう自分に、最後まで付いてきてくれた名大ポケモン研究所の皆さん
本当にありがとうございました

冒頭から長々と名大ポケモン研究所生誕秘話について昔話を続けてきましたがこれからポケモンサークルを作ろうという方がいればこの記事を読んで参考にして頂けると嬉しいです
参考になるかは不明ですが

さて、これでようやくボクは名大ポケモン研究所所長……兼渉外兼広報兼会計兼幹事兼主務の仕事から解放される訳ですが
新所長と渉外はPhi君に
新広報はうるうる君に
新会計はAsh君に
新幹事はめがえれ君に
新主務はありよし君に
それぞれバトンタッチします
竜の舞もバトンタッチ出来たらなあ
これからは新所長の元、名大ポケモン研究所のさらなる発展を願っています

最後に改めて


今まで対戦ありがとうございました
2016.12.1014:54

活動報告(12/9) 書記:まっぎょ

こんにちは、まっぎょです。サンムーン発売後は名大オフもあり、いよいよ対戦も本格的に始まりかけていますね。
これから7世代でもよろしくお願いします。

今回の活動では、もうすでにレートに潜っているメンバーも集まる中、私はまだパーティーを作る途中で、ほとんどの時間を孵化厳選に費やしていました。本当は早く対戦したいところですが、パーティーを組むために必要な厳選環境も不十分で、特に有効V持ちメタモン確保とレベル上げと努力値振りを楽にするためのフェスサークル開発が必要です。まだあと1週間くらいは準備に徹します。
ところで、名大オフがシングルだったからか、部内ではあまりダブルが流行っていないようですね。今作では、準伝、アローラの姿を含む新ポケモンや特性変更、Z技の登場などでガルーラスタンだけの6世代ダブルとは全く環境が変わっているので、私自身も期待していますし、シングル勢のメンバーも新たにダブルに参入してくれるとうれしいです。みなさん、ダブルも忘れずにやりましょう。

名大オフについては、今日の活動の途中で反省会が開かれました。特に来年の名大祭で行われる予定の名大オフに向けて、先週の名大オフでの問題点を改善し、一般の参加者の方々と共に楽しめるオフにすべく話し合いました。具体的な企画はこれからですが、今回の経験を生かして来年の名大オフの運営に努めます。
お読みいただき、ありがとうございました。
2016.12.0700:15

活動報告(12/6)

どうも名大ポケモン研究所のちゃうです。
僕は後期になってからサンムーンが始まるまでサークルにポケモンを持ってこないでずっとシャドウバースをしていたのですが、発売日には深夜に買いに行くほどの模範的トレーナーです(買えたとは言っていない)
みんなも24時間営業は信用しちゃダメだぞ!
最近サークル内でGTSが流行っているのですがモクローがマッシブーンに進化したりルカリオがテッカグヤに進化したりとみんなGTS厳選をしています。
これでサブロムを買う必要がなくなるかもですね。
それではよいポケモンライフを!!
2016.12.0500:16

第三回名大オフ「名大杯」結果

こんばんは、KP集計担当のありよしです。

まず、第三回名大オフに参加して頂いた皆様、お疲れ様でした。今回は手違いにより直前で会場が変更になるなど予定外の事態も発生しましたが、それでも多くの方にご参加いただきありがとうございました。
最新作「ポケットモンスター サン・ムーン」の発売からわずか二週間後に開催されたこともあって、レートの環境もまだ決まらないなか、構築段階から手探りだったのではないかと思います。そんな中で使用率上位のポケモンがどうなるのか、私自身わくわくしながら集計させていただきました。
以下に結果とKPの集計をまとめましたので、ぜひご覧ください。
(以下敬称略)

≪結果≫
優勝…パワッチョ(KP21)
準優勝…マダラ(KP73)
3位…てぃーろー(KP74)



 ・予選リーグ
Aリーグ

Bリーグ

Cリーグ

Dリーグ

Eリーグ

Fリーグ

Gリーグ

Hリーグ


≪KP≫ ※記号Aはリージョンフォーム(アローラのすがた)
24…カプ・コケコ
23…ガブリアス
15…ガラガラA
13…テッカグヤ
11…ポリゴン2、ギルガルド
10…ギャラドス、マッシブーン
 9…ボーマンダ、カプ・ブルル、ウツロイド
 8…カプ・テテフ
 6…ガルーラ、ミミッキュ
 5…キュウコンA、ベトベトンA、ペリッパー、メタグロス、フェローチェ
 4…パルシェン
 3…ポリゴンZ、バルジーナ、バンバドロ、デンジュモク、カミツルギ
 2…ゲンガー、ハッサム、キングドラ、トリトドン、マンムー、サザンドラ、ガオガエン、ドヒドイデ、エンニュート、シルヴァディ、カプ・レヒレ、アクジキング
 1…コラッタA、ライチュウA、ウインディ、ドククラゲ、アズマオウ、スターミー、メタモン、イーブイ、ランターン、マリルリ、キャモメ、ミロカロス、オニゴーリ、ルカリオ、ジバコイル、ブーバーン、ジャローダ、ファイアロー、ニンフィア、ヌメルゴン、ドデカバシ、クワガノン、ケケンカニ、グソクムシャ、メテノ


3位のてぃーろーさんにはロトム図鑑のぬいぐるみが、準優勝のマダラさんにはイワンコのぬいぐるみが、そして優勝したパワッチョさんには大きなアシマリのぬいぐるみが贈られました。おめでとうございます!
2週間という限られた準備期間の中、どなたもしっかりと育成を間に合わせていたのはさすがだと思います。参加者の皆様、改めてお疲れ様でした!

サン・ムーンが始まり、一癖も二癖もある新たなポケモンたち、新しい技や特性・道具が登場し、さらに戦略の幅が広がりました。また技や特性の追加により一躍環境の最前線に立つポケモンも現れました。一方で技や特性の仕様変更で弱体化したポケモン、また現状でポケモンバンクが未解禁であるために一部使えない教え技やタマゴ技もあり、今回の大会では時間的な制約も相まって苦労された方も多いのではないでしょうか。
来年開催予定の第四回名大オフの頃には、ポケモンバンクも解禁され、環境もある程度固まってきているのではないのかな、と思っております。どんな風になるのか、その経過を皆様と共に見守っていきたいです。

それでは、次回の名大オフで皆様にお会いできることを楽しみにしております。
最後までお読み頂きありがとうございました!
2016.12.0211:59

活動報告(11/29) 書記:シフォン

こんにちは、シフォンです。
「アローラ」とかいう挨拶が流行っていますが、僕はこれがネタとして寒いと思っているのでやりません。
そんなことは置いておいてパパッと活動報告しちゃいます。

ポケットモンスター サン・ムーンが発売されてから1週間以上たちましたね。皆さんはどこまでクリアしたでしょうか?
僕はといいますと、すでに対戦で使うポケモンたちを揃えレーティングバトルを楽しんでいました。
サークルメンバーの中にも数人はもうすでに対戦準備を整えて、強いポケモンが何かとか話していましたね。
その中でも印象的だったのは、GTSのポケモン交換機能を使って強いポケモンを手に入れようとしているメンバーがいて、今の時期は手軽なポケモンでもテッカグヤなどの強力なポケモンと交換ができるということで、大変盛り上がっていました。
特に今作は、ポケモンの性格さえ良ければ即戦力として使うことができるので、GTSは自分のパーティーを強くするのにもってこいです。

さて、短いですがここらへんで終わろうと思います。
今週末には名大オフがあるので、それに参加する方はぜひ体調にお気をつけください。楽しいバトルを待っています。

ここまで見てくださりありがとうございました。
プロフィール

NULOP

Author:NULOP
名大のポケモンサークル「名大ポケモン研究所」のブログです
毎週火曜・金曜の4限後に行なわれる活動や水曜に不定期に行なわれるイベントごとに更新していきます
見学希望等御用の方は下記メールアドレスにご連絡下さい

名大ポケモン研究所Twitter公式アカウント
@nulop_circle
メールアドレス
nulop_address@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR