2016.09.2315:38

第六回研究所最強決定戦第二幕

 先日9/22、研究所最強決定戦第二幕が行われました。ルールはコンテストと種族統一ダブルという普段あまり行われることのないものでしたが、各自しっかり対策をしてきており、白熱した戦いが繰り広げられました。


【コンテスト】

 優勝…とうふ (バシャーモ)
 2位…カズヤ (ドレディア)
 3位…まっぎょ (マッギョ)
 4位…クオ (ニンフィア)

 準決勝進出…tj(ピカチュウ)、うなぎ(ドレディア)、うるうる(クチート)、はっせー(ガルーラ)
 予選敗退…エゾマツ(タブンネ)、らす(ガルーラ)、ちゃう(ピカチュウ)、ありよし(デリバード)、あぴすけ(クレッフィ)、レイア(サーナイト)、くずきり(ヌメルゴン)

 夏休みという長い準備期間を利用して、コンディション上げはもちろん技構成もしっかり練られていました。数匹コンディションが全く上がっていないポケモンがいたのは多分気のせい
 特に「コンボ」と呼ばれる、特定の技を連続で出すことによってボーナスポイントを獲得するのが強力でした。「つめとぎ」+「バトンタッチ」、「こらえる」+「じたばた」といったコンボが見られ、レベルの高い勝負となったと思います。

 今回のかわいさコンテストで多くの人が採用していた技は「メロメロ」でした。「メロメロ」の効果は「自分より後にアピールするポケモンを緊張させる(=行動不能にする)ことがある」というものです。コンボがつなげない、ボルテージマックスのタイミングがずらされるなど戦略が崩されることもあるので、一定確率で問答無用で行動不能にできる技はやっかいですね…。このあたりは本編での「いばる」や「でんじは」に通じるものがありますね。

 11月に第7世代に移行するためコンテスト部門は今回が最初で最後となります。サン・ムーンでは対戦以外で競えるような要素はあるのでしょうか?今のところそういった情報は発表されていませんが、コンテストのようなポケモンと一緒に楽しめるものは無くしてほしくないものです。今後の情報に期待ですね!


【種族統一ダブル】

 優勝…シフォン (ボルトロス)
 準優勝…らす (ボルトロス)
 3位…なおキング (ヒヒダルマ)

 決勝トーナメント進出…tj(ガブリアス)、うるうる(ガブリアス)、エゾマツ(トゲキッス)、ありよし(ピクシー)、あぴすけ(サーナイト)
 予選リーグ敗退…レイア(オノノクス)、まっぎょ(ガルーラ)、くずきり(ヌメルゴン)、クオ(リザードン)、ちゃう(ライチュウ)、カズヤ(エレザード)、フラ(ギルガルド)、うなぎ(ハピナス)、とうふ(クロバット)、はっせー(ギギギアル)

 同じポケモン6体を育成するのはもちろん、どういうパーティにするかを考えるのも大変だったと思います。いかに対策を練ったところでなかなか相性を覆すのは難しいので勝負にはある程度は運が絡みますね。
 決勝のボルトロス8体が死闘を繰り広げる場面はそうそう見ることができないものだったと思います。誰得

Cs70WfFUEAA7mvb.jpg


 次回29日に開催される第三幕はシングル・ローテでの対戦となります。しっかり準備をして臨みましょう!
 



 「今回も実に有意義な活動であった」
スポンサーサイト
2016.09.2303:25

第六回研究所最強決定戦(コンテスト・種族統一ダブル)  書記:とうふ

どうも、こんばんは。 記事を書くのは何回目かになりますがいまだにパスワードが覚えられないTN.とうふです。
さて、今日は第六回研究所最強決定戦第2幕についてです。
結構珍しいこのルールを行った運びとしましては、もともと去年までは2幕しかなかったのですが、ありよし君の提案でコンテスト大会も開くことになりました。また、コンテストだけでは時間が余るということで研究所内でアンケートを取った結果種族統一ダブルをやることになりました。
かなり白熱した展開(やかなりの運ゲー)が多く楽しいものとなりました。そして運勝ちでコンテストで優勝することができました。やはり所長♂の力は偉大ですね。
以下大会の内容についてです。_

~コンテスト大会~
僕の使用ポケモン
バシャーモ:NNぼんじり(決勝戦でしょちょう♂に改名)
技構成:つめとぎ、バトンタッチ、なきごえ、いばる
通称いばしゃですね。基本的にはつめとぎを積んで、バトンタッチとのコンボを狙っていく構築です。

今回の大会は、メロメロやアンコールなどの後続を緊張させる技での運ゲーが多かった印象がありますね。
1回戦では、前のポケモン2匹が1回目のアピールでこれらの技を使い残り2匹が緊張する言うわけのわからないスタートとなりました。続く2回戦もやたらメロメロを連打してきてやばかったですね。
決勝戦ではNNをしょちょう♂に改名して挑みました。初っ端から緊張させられた時は負けを覚悟しましたが、ニンフィアが3回も緊張してくれたおかげでライブアピールが取れて優勝することができました。(しょちょうの力はやっぱりすごい)
今回コンテスト大会は運ゲーだらけでしたが今後は運ゲーを回避できる立ち回りを研究していきたいです。

~種族統一ダブル~
種族統一ダブルでは一種類のポケモンのみ(フォルムチェンジは可)を用いて64ダブルルールで対戦しました。
僕は嫁ポケであるクロバットを6匹用意して行きました。トーナメント形式だったのですが、キッスにひるまされたり、ハピにふぶきでこおらされたりと散々でした。全敗厨トーナメントではエレザード統一と当たり素催眠を決めてなんとか勝つことができました。
ただ、はちまきクロスポイズンでは無振りエレザードも倒せなくて悲しくなりました。(んんWWWダストシュートをよこすいがいありえないWWW
そして決勝戦の対戦カードはなんとボルトロスVSボルトロス(なんだこの対戦映えしない絵面は)
所長の意識の低いボルトロス(NNゼウス)がこんらん自傷を引きまくり負けました。やっぱり威張るは最強ですね。

そのあと時間が余ったので11シングル大会をやってジバコで3連勝して優勝したりしたりといろいろあってとても楽しい一日となりました。ポケモンのモチベーションも上がったので第3幕も頑張ろうと思います。今日はこのくらいで。



今日も実意に有意義な活動であった。

2016.09.1415:26

第六回研究所最強決定戦第一幕

 長かった夏休みも残すところ2週間ほどとなってしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 さて、今年もこの季節が来ました。そう、研究所最強決定戦です!第六回となった今回は今年入学した1年生部員を迎え、前回までに劣らぬ熱いバトルが繰り広げられました。
 以下は先日9/11に開催されたダブル・トリプル部門の結果とKPになります。 


 【ダブル】
 優勝 ・・・ フラ (KP20)
 準優勝 ・・・ ありよし (KP15)
 3位 ・・・ シフォン (KP30)

 [KP]
 8 ・・・ モロバレル
 6 ・・・ ボーマンダ
 5 ・・・ ガルーラ、バンギラス、ランドロス霊、ニンフィア
 4 ・・・ ニョロトノ、ボルトロス化
 3 ・・・ ラグラージ、ルンパッパ、ヒードラン、エルフーン、ドリュウズ、サザンドラ、ギルガルド
 2 ・・・ カイリュー、マリルリ、キノガッサ、クチート、ガブリアス、ナットレイ、ファイアロー、ニャオニクス♂
 1 ・・・ リザードン、ウインディ、サンダー、キングドラ、チルタリス、ミロカロス、メタグロス、ラティアス、ゴウカザル、トリトドン、エル レイド、ロトムH、ロトムW、クレセリア、コジョンド、ウルガモス、コバルオン、テラキオン、ビリジオン、ボルトロス霊、ゲッコウガ、ファイアロー、ビビヨン、エレザード


【トリプル】
 優勝 ・・・ シフォン (KP17)
 準優勝 ・・・ まっぎょ (KP27)
 3位 ・・・ ちゃう (KP29)

 [KP]
 8 ・・・ ファイアロー
 7 ・・・ ニンフィア
 6 ・・・ ドーブル
 5 ・・・ ランドロス霊
 4 ・・・ リザードン、ガルーラ、ニョロトノ、カポエラー、エルフーン、テラキオン、ギルガルド
 3 ・・・ ルンパッパ
 2 ・・・ カメックス、キングドラ、バンギラス、クチート、メタグロス、ヒードラン、クレセリア、モロバレル、ニャオニクス♂
 1 ・・・ ラプラス、サンダー、カイリュー、クロバット、マリルリ、エーフィ、ポリゴン2、スイクン、ラグラージ、サーナイト、ライボルト、サマヨール、ボーマンダ、ガブリアス、ドクロッグ、ドリュウズ、ヒヒダルマ、ブルンゲル、ナットレイ、コジョンド、キリキザン、ウルガモス、ボルトロス化、ゲッコウガ、ブロスター、エレザード、ヌメルゴン


 ダブルの部優勝のフラさんには「とくせいカプセル」を持ったダイゴのダンバルが、トリプルの部優勝のシフォン君には昼休憩終了時刻に遅刻したためホモビに出演することになった所長が許してもらう代わりに差し出しためざ氷サンダーが贈られました。おめでとうございます!

 今回の大会は「The・状態異常」という印象でしたね…。威張るダクホはもちろん、スクリーンに映した試合ではほぼ毎回凍るという恐ろしいものでした。状態異常はバトルを有利に進める基本あるとはいえ、ここまでくると釈然としないのは私だけでしょうか。
 「こんなのポケモンじゃねぇ!」


 さて、次回22日に開催される第二幕は「コンテスト」と「種族統一ダブル」での対戦となります。どちらも初の取り組みとなりますので万全の準備をして臨みましょう。それでは今回はこの辺で。





 「今回も実に有意義な(以下略)」
2016.09.1317:56

第六回研究所最強決定戦(ダブル・トリプル) 書記:シフォン

【はじめに】

どうも、シフォンです。

今回も長期休暇恒例の部内大会が行われました。ダブル・トリプルの最強決定戦です。
今年はたくさんの1年生が入部してくれたので、去年よりも盛り上がりました。

僕はダブル・トリプルの両方の部門に参加し、どういうわけかダブル:3位、トリプル:優勝という結果を残すことができました。
本職のルールでないどころか対戦経験すらほぼなかったので、このような好成績を残せて嬉しい反面ちょっと困惑しています。


【大会システム】

毎度のことですが大会のシステムについて説明します。
あみだくじで4つのグループに分かれて、その中で総当たり戦をして1位の人が決勝トーナメントへ進めます。


【使用構築】

ダブル
115-megaevol_4.png700_4.png645-therian_4.png485_4.png591_4.png化身ボルトロス 小

トリプル
バンギラス ドット絵ドリュウズ ドット絵メガボーマンダ ドット絵ファイアロー ドット絵ゲッコウガ ドット絵ギルガルド 小


【対戦内容】

≪ダブル編≫
まず予選のリーグ戦ですが、僕のグループは2年生ばかりでいつもと変わり映えしないバトルが多かったです。(僕シフォンも2年生です)
特にPhi君との対戦は完全にミラーマッチ(パーティーが全く同じということ)で圧倒的運ゲーでした。
そんなこんなでなぜか予選を抜けて決勝トーナメントへ進んだわけですが、初戦で苦手な雨パと当たって散りました。
3位決定戦ではテラキオン、ビリジオン、コバルオンの入った謎のパーティーを使っていた研究所の所長と当たりましたが、ボロトロスの気合玉でコバルオンを倒して勝ちました。


≪トリプル編≫
僕が使ったパーティーは、トリプルを全くご存じでない僕が、大会が始まる10分前に、ボックスを眺めて強そうなポケモンを6匹積め込んで作りました。
そんな僕のトリプルの部は、予選リーグ・決勝トーナメント共にハプニングが満載でした。
予選ではメガ進化とMOVEのボタンを押し間違えてボーマンダが何もせず死んだり、その試合は負けたと思っていたら大事な場面で急所を引いて勝ったり。
よくわからないまま勝ち続けてついに決勝までたどり着きました。

決勝の相手は、PCLトリプル代表のまっぎょ君でした。
決勝戦と3位決定戦はスクリーンを使ってみんなの前で行うのですが、トリプルの決勝戦、僕は1ターン目からとんでもないことをしてしまいました。味方のギルガルドがうった「みがわり」を、味方のファイアローが「よこどり」で奪ってしまったのです。この時、初めて「よこどり」という技の仕様を知りました。みんなの前でにわかを晒してしまい少し恥ずかしかったです。
しかし、後になってこの「みがわり」が大活躍しました。相手のドーブルの「ダークホール」を防いだり、ランドロスの「いかく」を無効化したり、、、

この後も色々あって結局はで勝ちました。「ポケモンは運ゲー」だから仕方ないね。


【終わりに】

運でつかみ取った優勝とはいえ、トリプルのモチベーションが上がりました。僕は9/19に開催されるSPLオフ(ルールはトリプル)に参加するつもりなので、それに向けて良い感じのスタートが切れたのではないかと思います。今回使ったパーティーを調整してオフに臨むつもりです。

ここまで見て下さり、ありがとうございました。



【どうでもいいこと】
僕も一応PCLシングル代表なので、シングル部門でまっぎょ君にリベンジされないよう頑張ります。
プロフィール

NULOP

Author:NULOP
名大のポケモンサークル「名大ポケモン研究所」のブログです
毎週火曜・金曜の4限後に行なわれる活動や水曜に不定期に行なわれるイベントごとに更新していきます
見学希望等御用の方は下記メールアドレスにご連絡下さい

名大ポケモン研究所Twitter公式アカウント
@nulop_circle
メールアドレス
nulop_address@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR