2017.12.1223:55

第5回名大オフ「ウルトラ準速オフ」結果

先日12/9に第5回名大オフ「ウルトラ準速オフ」が開催されました。
冬も近づき、寒さが日に日に強まる中ではありましたが、寒気を吹き飛ばすような熱戦が繰り広げられておりました。
皆様のご協力もあり、今回は大きなトラブルもなく無事閉幕を迎えることができました。心より御礼申し上げます。

さて、当記事は予選リーグ・決勝トーナメントの結果およびKPの集計をまとめたものになります。ぜひご覧ください。
(以下敬称略)

【結果】
優勝…ロト(KP56)
準優勝…くおーてーしょん(KP33)
3位…あぴすけ(KP69)

・予選リーグ
groupA.png

groupB.png

groupC.png

groupD.png

groupE.png

groupF.png

groupG.png

・決勝トーナメント
第5回名大オフ決勝トーナメント

【KP】
25…ミミッキュ
12…ボーマンダ、カプ・コケコ
11…ランドロス霊
10…リザードン、カバルドン
9…ポリゴン2、カプ・テテフ、アーゴヨン
8…ギャラドス、ボルトロス霊、ゲッコウガ、ギルガルド
7…ゲンガー、キノガッサ、ガブリアス、ドリュウズ、ナットレイ、テッカグヤ
6…ラグラージ、カプ・ブルル
5…パルシェン、バシャーモ、クチート、マンムー、ロトムH、ヒードラン、アシレーヌ、カプ・レヒレ
4…ニョロトノ、メタグロス、ルカリオ、オニシズクモ、ウツロイド
3…ガルーラ、ジャローダ、フェローチェ
2…ガラガラR、マリルリ、ハッサム、バンギラス、ライボルト、オニゴーリ、ロズレイド、グライオン、ポリゴンZ、ロトムW、クレセリア、モロバレル、オノノクス、サザンドラ、ドヒドイデ、タイプ:ヌル、デンジュモク、ツンデツンデ
1…スピアー、ピカチュウ、ニドクイン、ピクシー、ゴルダック、フーディン、ヤドラン、ベトベトンR、サンダー、ファイヤー、カイリュー、エーフィ、ブラッキー、ツボツボ、デリバード、マンタイン、ドーブル、スイクン、オオスバメ、ペリッパー、ミロカロス、レジロック、エンペルト、トリトドン、フワライド、ミミロップ、ロトムC、エムリット、レジギガス、デスカーン、チラチーノ、シャンデラ、バルジーナ、ウルガモス、クワガノン、マッシブーン、カミツルギ、ズガドーン

3位のあぴすけさんには色違いのミミッキュのぬいぐるみが、準優勝のくおーてーしょんさんにはリーリエのピッピにんぎょうのぬいぐるみが、そして見事優勝に輝いたロトさんにはNewニンテンドー2DSLLモンスターボールエディションが贈られました。おめでとうございます!

今回の名大オフでは、今までオポーネントの差で決めていた各リーグ3位からの決勝トーナメント進出者を、新たにサブイベントによって決定するという試みを行いました。「こだわりスカーフ・せんせいのツメ・きあいのハチマキを持った、4つの一撃必殺技を覚えたムラっけドーブル3体から1匹選んで戦う」というなかなか普段お目にかかれないルールでしたが、会場は大変盛り上がっておりました。次回以降も同様のイベントを開催するかもしれませんので、お楽しみに。
(蛇足になりますが、このルールでは「ぜったいれいど」だけは選ばない方が勝率が高くなります。ドーブルはこおりタイプでないため、命中率が20%に下がるためです)



さて、この第5回名大オフの終了を持ちまして、役職についているメンバーは交代することになりました。
代表はPhiからくずきりに、
広報はうるうるからちゃうに、
会計はすまっしゅからありすに、
主務はありよしからいこあんに、
それぞれ交代します。
また、新しい補佐にはじゅけンネが就任し、めがえれが担っていた幹事の役割は主要メンバーが分担して果たすことになりました。

これからは現在の1・2年生が中心となってサークルの活動を行っていくこととなります。次回の名大オフも彼らが主催・運営していくことになることでしょう。
世代は交代しますが、今後とも名大ポケモン研究所との末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。

それでは、次回の名大オフで皆様にお会いできることを心待ちにしております。
拙い文章でありましたが、最後までお読み頂きありがとうございました!
スポンサーサイト
2017.09.2703:26

第八回研究所最強決定戦第二幕(9/24) 結果

9月24日に、第八回研究所最強決定戦第二幕が行われました。ルールは全国ダブルと世代統一シングルです。以下はその結果とKPです。

【結果】
全国ダブル
優勝…タモリくらぶ (KP19)
準優勝…あぴすけ (KP32)
3位…すまっしゅ (KP50)
4位…じゅけんネ (KP30)

世代統一シングル
優勝…シフォン (第5世代、KP10)
準優勝…さなぐ (第7世代、KP19)
3位…じゅけんネ (第6世代、KP19)
4位…ありす (第6世代、KP17)

【KP】
全国ダブル
11…ランドロス霊、カプ・コケコ
10…ガルーラ
7…カプ・レヒレ
6…クレセリア
5…ヒードラン、ギルガルド
4…ルンパッパ、ペリッパー、カプ・テテフ、テッカグヤ
3…リザードン、ガブリアス、ナットレイ、カプ・ブルル
2…ピッピ、ウインディ、ニョロトノ、サーナイト、メタグロス、ジバコイル、モロバレル、サザンドラ、ゲッコウガ、ファイアロー、ヌメルゴン、カミツルギ
1…フシギバナ、サンダー、デンリュウ、ヤドキング、ハリーセン、ヘルガー、キングドラ、ドンファン、ドーブル、スイクン、バンギラス、バシャーモ、ラグラージ、ホエルオー、コータス、ユレイドル、ミロカロス、パールル、ボーマンダ、ラティアス、ユキノオー、エルレイド、ジャローダ、エルフーン、バルジーナ、コバルオン、テラキオン、ビリジオン、ボルトロス霊、ホルード、ライチュウ亜、ベトベトン亜、ガラガラ亜、デンヂムシ、シルヴァディ、ミミッキュ、デンジュモク

世代統一シングル
第1世代(4人)
4…パルシェン
3…ゲンガー、カイリュー
2…フシギバナ、ラッキー、ガルーラ、ギャラドス
1…リザードン、ニドクイン、ダグトリオ、レアコイル、メタモン、イーブイ

第2世代(5人)
4…ヘラクロス
3…エーフィ、ポリゴン2、バンギラス
2…マリルリ、キングドラ
1…レディアン、ランターン、ニョロトノ、ブラッキー、ムウマ、ハガネール、ハッサム、リングマ、マンタイン、エアームド、ライコウ、エンテイ、スイクン

第3世代(5人)
4…バシャーモ、キノガッサ
3…ラグラージ、ボーマンダ
2…メタグロス、ラティアス
1…ペリッパー、サーナイト、テッカニン、クチート、ボスゴドラ、ナックラー、ソルロック、カクレオン、サマヨール、オニゴーリ、パールル、ラティオス

第4世代(5人)
3…ガブリアス、ルカリオ、ポリゴンZ、ヒードラン
2…トゲキッス、ロトム水、クレセリア
1…エンペルト、ガーメイル、フワライド、ドータクン、ミカルゲ、カバルドン、ジバコイル、モジャンボ、グライオン、マンムー、エルレイド、アグノム

第5世代(4人)
3…ナットレイ
2…ブルンゲル、ウルガモス、ボルトロス霊、ランドロス霊
1…エルフーン、イワパレス、ゴチルゼル、バイバニラ、シュバルゴ、デンチュラ、シャンデラ、アギルダー、クリムガン、バッフロン、バルジーナ、サザンドラ、テラキオン

第6世代(5人)
5…ゲッコウガ、ギルガルド
3…ファイアロー、ビビヨン
2…ホルード、クレベース
1…マフォクシー、ペロリーム、ガメノデス、ドラミドロ、ブロスター、ニンフィア、ヌメルゴン、クレッフィ、オーロット、オンバーン

第7世代(5人)
5…ミミッキュ、テッカグヤ
4…ウツロイド
3…ガラガラ亜
2…ドヒドイデ、カプ・コケコ、カプ・ブルル、カプ・レヒレ
1…アシレーヌ、カプ・テテフ、マッシブーン、デンジュモク

今回の部内戦は30人以上もの部員が参加し、過去最大規模の部内戦となりました。また、世代統一シングルは受け重視のパーティが多く見受けられかなり長時間の活動となりました。
優勝は全国ダブルはタモリくらぶさん、世代統一シングルは第5世代統一を使用したシフォンさんとなりました。おめでとうございます! 1位から4位の人たちが皆パーティにメガ進化ポケモンを入れてない(そもそもメガ進化ポケモンがいない)のが面白いと思いました。
KPを見ると全国ダブルは霊獣ランドロス、カプ・コケコ、ガルーラがよく使われたことがわかります。世代統一はそれぞれの世代で特徴が出てますね。
今回の部内戦で夏休みの活動は終了となります、みなさん後期の活動で会いましょう。USM楽しみですね、アクジキングが環境を喰い散らかしている様子が目に浮かびます。

ここまで見てくださりありがとうございました
2017.09.2600:31

第八回研究所最強決定戦第二幕(9/24) 書記:シフォン

【はじめに】

こんにちは。シフォンです。

何気に記事を担当するのはひさしぶりですね。

今回は毎年恒例の研究所最強決定戦第二幕、全国ダブルと世代統一シングルについてです。


【内容】

全国ダブルについては、僕自身が参加していないので何も書くことがありません。

決勝戦を観ましたが、
言えることはただ一つ、雨パ強そう。



それでは、もう一つのルールである世代統一シングルについて書いていきます。

まずルールの説明ですが、大会の数日前に参加者はくじで使用する世代を決めます。運ゲーですね。
そしてその世代のポケモンのみでパーティーを組んで戦います。
当日は35人の参加者がいたので、1リーグ7人で予戦を行い、その結果次第で決勝トーナメントに進めます。



【個人的なこと】

とりあえず使用パーティーを紹介します。

色デンチュラ色シャンデラ色テラキオン色霊獣ボルトロス色ナットレイ色ブルンゲル

デンチュラ@きあいのタスキ  
ふくがん おくびょうCS振り
かみなり/ねばねばネット/でんじは/いとをはく

シャンデラ@たべのこし  
もらいび おくびょうHSベース
シャドーボール/かえんほうしゃ/ちいさくなる/みがわり

テラキオン@イワZ
せいぎのこころ ようきAS振り
ストーンエッジ/インファイト/じしん/つるぎのまい

ボルトロス@デンキZ
ちくでん おくびょうCS振り
10まんボルト/めざめるパワー(氷)/きあいだま/わるだくみ

ナットレイ@バンジのみ
てつのとげ のんきHBベース
ジャイロボール/パワーウィップ/やどりぎのたね/まもる

ブルンゲル@オボンのみ
のろわれボディ ずぶといHB振り
なみのり/おにび/ちょうはつ/じこさいせい


僕の担当世代は5世代で、パーティーを組むのにとても苦労しました。
5世代はメガ進化できるポケモンがタブンネしかいなく、他のポケモンも火力は高いものの素早さが微妙なポケモンが多いのです。サザンドラ、ランドロス、ウルガモス、シャンデラ、オノノクスとかですね。
さらに対面性能が高いポケモンも少なく、かといってサイクルを回そうにも耐久が中途半端。
(つまり構築を組む時の三大要素、対面も積みもサイクルも弱いということです。)

この一癖も二癖もあるポケモンたちをまとめ上げ、勝つためにはどうすればいいか…。
それには2通りの方法があります。
一つ目は運に頼ること。「かげぶんしん」や「ちいさくなる」などの技を使い全抜きを狙うというものです。
二つ目はメタをはること。それぞれの世代において相手が使ってくるであろうパーティーを予想し、それらに勝てるようにするというもの。
今回、僕は両方採用しました。メタを張りつつ、想定外のパーティーが来たときは運で勝つという方針です。


まず僕が注目したのが、デンチュラとシャンデラです。
デンチュラは「ねばねばネット」や「でんじは」、「いとをはく」により5世代ポケモンの微妙な素早さを補うことができます。
シャンデラはデンチュラの「ねばねばネット」と相性がよく、「ちいさくなる」の運による誤魔化しと4世代のクレセドラン対策ができます。

次に、テラキオンと霊獣ボルトロスが入ってきました。この2匹には相手のサイクルの崩しを担ってもらいました。
テラキオンは「ねばねばネット」との相性の良さと、2世代のポリゴン2やハピムドーのサイクル破壊を考えて採用しました。
ボルトロスはテラキオンと同様に「ねばねばネット」と相性が良く、地面と電気の一貫を切るために入れました。

最後にここまでで辛いポケモンを受ける、もしくは流すためにナットレイとブルンゲルを採用しました。
ナットレイは耐性が多く、たくさんの技を受けることができます。また、フェアリーの多い7世代に対するメタでもあります。
ブルンゲルはバシャーモやカバルドンを倒すために入れました。のろわれボディによる誤魔化しも強いです。



対戦内容としましては、当初の想定よりも遥かにテラキオンが強く、よく相手のパーティーを崩してくれました。イワZを使うことで「ストーンエッジ」の命中を補えるのも良かったです。
ナットレイも思いのほか活躍しました。耐久とタイプを活かした詰ませ性能の高さが良かったです。このポケモンのおかげで相手の選出が読みやすくなるのもグッドでした。


このパーティーを使って予選リーグを6-0で突破し、決勝トーナメントで優勝することができました。
パーティー自体に自信はあったのですが、それが錯覚でないことがわかって嬉しかったです。
優勝賞品としてピカチュウのメモ帳をいただきました。大事に使わせていただきます。


【思ったこと】

世代統一では使えるポケモンが限られてくるので、それぞれの世代間で格差社会ともいうべきかパーティーパワーに差がでるわけです。例えば6世代はメガ進化できるポケモンがいなくて、しかもポケモン数自体も少ないっていう…。

個人的には世代別に以下の順に強いと思っていました。
1>2≧7>3=4>5>6

しかし6世代を使っていた二人が3位決定戦にまで上がってきたりと予想外のことも多かったです。

普段使われないポケモンにスポットが当たっていたりもして新鮮味もありました。

そういうことも含めて楽しかったし、いい企画だったと思います。


【最後に】

ここまで書いてて気づきました…。
なんかこれただの構築記事になってませんか?(←なってます)
まあ、サークル員の参考にでもなればってことで許してください。なんでもしますから。

それともうすぐウルトラサンムーンが発売されますね。楽しみです。

ここまで見て下さりありがとうございました。
2017.08.3022:42

第八回研究所最強決定戦第一幕(8月29日)

8月29日に、第八回研究所最強決定戦第一幕が行われました。ルールはシングルです。以下はその結果とKPです。

【結果】
優勝…マダラ(KP12)
準優勝…クオ(KP11)
3位…シフォン(KP26)
4位…セリカ(KP21)
キャプチャ

キャプチ


【KP】
7…ミミッキュ
6…ポリゴン2、ボーマンダ、ガブリアス、カプ・テテフ
4…ヒードラン
3…パルシェン、ガルーラ、バシャーモ、クレセリア、ボルトロス霊、ランドロス霊、テッカグヤ、カミツルギ
2…リザードン、ゲンガー、ガラガラ亜、ギャラドス、メタグロス、ルカリオ、ドサイドン、グライオン、ナットレイ、ウルガモス、ゲッコウガ、カプ・ブルル、カプ・レヒレ
1…ゴルダック、ベトベトン亜、マリルリ、ハガネール、バンギラス、ラグラージ、オオスバメ、ペリッパー、クチート、ボスゴドラ、オニゴーリ、ラティオス、エルレイド、ロトム水、ジャローダ、ヒヒダルマ、シャンデラ、ギルガルド、エレザード、ヌメルゴン、ドヒドイデ、カプ・コケコ、アクジキング

7世代最強といわれるミミッキュのKPが高い一方、カプ・コケコのKPがなんと1ということになりました。
優勝は8月の中ポケ連でも見事優勝したマダラさんとなりました、おめでとうございます!お強い!1年生で唯一決勝トーナメント進出したセリカさんは見事4位となりました。
また今回の部内戦は人数が少ないこともあって参加者全員が決勝トーナメントか全敗厨トーナメントに進むということになりました。全敗厨トーナメント1、2、3位の人達には罰ゲームとして、恒例となっているZ技の披露をしてもらいました。今回はZ技のポーズ、Z技を打つポケモン、Z技を喰らうポケモンと役割分担をしてもらいました。(What is ヤジュウZ?)
次回の第二幕は「世代統一シングル」です。どの世代を誰がやるのでしょうか、追って連絡します。

ここまで見てくださりありがとうございました
2017.08.3018:45

第八回研究所最強決定戦第一幕

こんにちは、貴重な真面目枠のマダラです。(でも単位は一つ落としました・・・)
今回は8月29日に行われた第八回研究所最強決定戦第一幕(シングル)と8月20日に行われた第三回中部ポケサー連盟交流会それぞれで優勝したのでそれらの報告をさせていただきます。2つの報告ということで非常に長くなってしまったのでご容赦ください。

部内戦はモクロー、ニャビー、アシマリ の3つのリーグにわかれて行いました。今回の部内戦はいつもより人数が少なく、なんと全員が決勝トーナメントか全敗厨トーナメントに出場するという異例の事態となりました。そのためか、2勝3敗にもかかわらず決勝トーナメントに出場する人もいました。
ほぼ勝ち確の状況からとびひざを外して負けてしまったり、からを破ってないパルシェンにクレセドランが突破されてしまったりと、予選リーグの段階で面白い試合がたくさんありました。
ちなみに僕の使ったパーティーは以下の通りです。

わるだくみ

ペリッパーのタスキは読まれると思い、水Zをもたせ、ペリラグだとナットレイが重いと思ったので、メタグロスにアームハンマーを採用しました。本当はガラガラの骨ブーメランをほろびのうたに変えたかったのですが遺伝してなかったのでそのままにしました。ボルトロスは高速移動悪だくみ両搭載が個人的に強いと思っていて、うまく積めればメガゲンガーを含めて受けループを吹き飛ばせます。このパーティー キノガッサ、ウォッシュロトムがかなり重いのですが部内戦ではみかけず安心しました。

決勝では同じ予選リーグを通過したクオさんとの再戦となりました。予選では僕が負けていたのでなんとか勝つことができてよかったです。クオさんの使うメガボスゴドラには苦戦させられました。
最後に全敗厨となったくずきり君と僕がこの記事執筆をめぐって戦いました。いろいろあっていたずらごころポリゴン2とかいうバケモノを誕生させてしまったので負けました。なのでこの記事を書いてます。
そのあとは全敗厨トーナメント上位?3名に最近恒例となっているZ技を披露してもらいました。なんと今回はZ技のポーズ、Z技を使うポケモン、Z技を受けるポケモン と役割分担がなされていました。罰ゲームも多様化されてきたなあ・・・

次に第三回中部ポケサー連盟交流会の報告です。報告の順番が逆になっていますがこちらの方が部内戦より先に行われています。
全11サークル総勢60名での大会でした。僕は予選リーグを2位通過して決勝トーナメントに駒を進めました。準決勝と決勝に絞って書いていきます。
この大会では以下のパーティーを使いました。

ぽけ連

準決勝ではねおポケのロトさんと対戦しました。実はロトさんとは第2回の交流会の決勝で対戦していたので、準決勝という舞台での再戦に驚きました。
最初は僕優勢で試合が運んでいくのですが、ロトさんのラストはポリゴンZで、僕の場には一回も眠りターンを消費していない眠り状態のウツロイドがいて、控えにカバルドンとルカリオがいました。ここで僕はかなり焦りました。
ポリゴンZはカバのふきとばしで対処しようと考えていたので、それができなくなってしまったのです。しかもこのポリZはみがわりも持っていました。
ポリZはZテクスチャーで電気タイプになったのでカバルドンを後出しして地震で身代わりを壊しつつ砂おこししでダメージを与えたあときぜつします。そのあとウツロイドを出しますがまだ眠っていました。眠ったターンに身代わりされましたが、砂のおかげでDが上がっていたため10万ボルトをたえ、なんとか身代わりを壊した後きぜつします。ここまででポリZのHPは2割程となっていたので最後にメガルカリオのしんくうはで勝利しました。今までポリZはテクスチャーされる前に上から倒したり、積みを無効化するといった方法で対処していたのでここで勝てたのはいい経験になりました。

決勝ではシフォンさんと対戦しました。前述の部内戦でも準決勝でシフォンさんと対戦したので、僕には決勝で当たった人と準決勝で再戦するジンクスがあるようです笑
シフォンさんは僕のパーティーの苦手とするグライオンを使っていたので選出段階からかなり厳しい戦いになると予想していました。グライオンとうちあうときのためにライボルトのめざこおりのPPはあげておいたので羽休めで粘られたら先に急所に当てるつもりで挑みました。実際は会場の使用時間があまりなかったので、粘られることはなく突破できました。時間があれば粘られていたと思うのでその場合は僕が負けていた可能性が高いです。ミミッキュにもかなり苦戦し、テッカグヤが起点にされるのはマズいと考え最後はミミッキュの呪いをよんでメガライボルトを出し、そのまま後続のメガボーマンダを倒して勝利しました。
このような機会を設けてくださった中部ポケサー連盟運営の方々、対戦してくださった方々に感謝します。

交流会の2連覇と部内戦で優勝できたことは大変うれしく思っております。多分今が僕のポケモンの全盛期です。11月には新作も出るので他ゲーもいいですが皆さんもポケモンしましょう。

プロフィール

NULOP

Author:NULOP
名大のポケモンサークル「名大ポケモン研究所」のブログです
毎週火曜・金曜の4限後に行なわれる活動や水曜に不定期に行なわれるイベントごとに更新していきます
見学希望等御用の方は下記メールアドレスにご連絡下さい

名大ポケモン研究所Twitter公式アカウント
@nulop_circle
メールアドレス
nulop_address@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR